« 素晴らしき憑依 | トップページ | 男の人に思う事… »

2012年11月10日 (土)

撫で肩が治って…

極度の撫で肩が治ってから、私は生きるのがだんだん楽になってきた感じがします。

何というか、肩に乗っかってくるものがない、気楽な毎日という感じです。

時折、肩に乗っかられて肩が下がる感覚を感じる時もありますが、そんな時は意識して腕を内側にすぼめる感じで肩を上げて、肩が下がらないように工夫してるんですが、これって結構大事なんだなーと感じています。

体の姿勢について、憑依の観点から私が思う事は…

憑かれる→撫で肩になる→→肩甲骨と両肩が下がって体の重心が狂う→猫背になる→上半身は首とお腹が突き出た姿勢になる→下半身は足の太ももとふくらはぎがくの字になり、まっすぐ伸びなくなる→腰に負担がかかる→体があちこち歪み、憑依されやすくなる→憑依体質になる。

整体やカイロプラクティックの先生なら、私が書いたこの一連の体の歪みかたについては、うなづいていただけると思います。
ちなみにこれは、今までの私の歪みきった姿勢そのものです。

私はあまりにも姿勢が悪すぎました。

私には肩がないのか?と思う位のひどい撫で肩でしたし、猫背を気にして長年胸を反り返らせる事により、背中のS字カーブはなくなり横からみると気持ち悪いくらいにまっすぐな背中に、首はストレートネックで、首に常に力を入れて顎を引いて歩かないと首が異様に前に突き出てしまいます。

胸は極度の鳩胸となり、歩く時は腕と上半身が共に動きます。腕と上半身の区別が全くつかない位でした。

足もまっすぐ伸びた試しがありません。
いつも膝の関節がくの字になっていて、ふくらはぎだけを使って歩く形でした。こうなると足を前に出して歩く事が不可能で、足を後ろに蹴り上げた反動でしか、歩く事ができないのです。

更に腰も反り返ってしまうので、いつも腰に負担がかかり、本当に大変でしたよ。

人間、こんなにも沢山体が歪むと、きっと憑依されやすくなるんでしょうね。

幸い、家に空気清浄器を置いてから少しづつ私の体の姿勢を蝕む憑依が1つ1つ抜けていき、今では90パーセント正しい姿勢に戻りました。
撫で肩は治り、腕と胴体は別々になり、上半身と下半身、足も真っすぐになり、歩く時は上半身は動かない状態で、足を前に出して普通に歩けるようになりました。

歩くって事は、実はこんなにも楽なんだー!と、生まれて初めて知りました。

そして体の歪みがなくなると、例え一時的に憑依されても抜けるのが本当に早いと思いました。
それは何というか、何もしなくても正しい姿勢で歩いてさえいれば、憑き物が肩から地面に抜け落ちていくような…そんな感覚です。

とは言え、やっぱ生きた人間から受ける生き霊の念だけは、やはりしっかり受けてしまっていますが…
今でも、生き霊だけは肩と腰にダイレクトにきますね。
男性からの生き霊もそうですし、女性からのも同じです。

生き霊とか浮遊霊を抜くのに、私も過去に色々試してきましたが、一番効くのは柔軟運動と、浴室で体を洗って湯舟に浸かる事の2つに尽きます。

私の場合、オーラソーマは効く時と効かない時があって、今では絶対的なものではなくなってしまいましたね。

そして基本はやっぱ、空気清浄器だなーと改めて思います。
空気清浄器が、私の体の歪んだ場所に溜まっていた長年の憑依を、徐々に徐々に溶かしてくれたからこそ、今があります。

もし、これをお読みの方で撫で肩の方がいましたら、腕を内側にすくめる形で肩を上に上げてみて下さい。体に新しい感覚が現れるはずです。

それは、胴体と腕・肩が別々になった、体にとって正しい感覚になるはずです。

生まれつき肩甲骨と腕が下がってる場合を除き、撫で肩の原因は胸を張りすぎて上半身が反り返っているからか、腕を後ろに引きすぎて肩が後ろに落ちてしまったかのいずれかだと思います。

私なんかは、猫背を気にして胸を張るようになったタイプですが、体のラインで真っすぐに意識しなくてはならない場所は背中側ではなくて、胸やお腹から下半身にかけての表側のラインを真っすぐになるよう意識する事が正しいはずです。

これからの時代、憑依のリスクはますます増えていくと思います。
特に生き霊に関しては、この2012年は毎月様々な生き霊問題が、テレビのニュースを賑わせていますよね。

生き霊問題の代表とも言えるストーカー事件なんて、今年は本当にびっくりする位、毎月ニュースを賑わせているでしょう?

今まではせいぜい浮遊霊レベルだったかもしれないけど、これからは私たちの生きた念である生き霊が、携帯電話の電波のようにあちこちでターゲットを狙って飛び交い、それに悩まされる人が増えていく事でしょう。
それはきっと、進化する携帯電話やパソコンと同じ速度で比例していくのではないでしょうか?

憑依体質な私が言えるのは、これからの人付き合いは本当に本当に接する相手をしっかり選んでいかないといけません。

なので、生き霊を飛ばす人を避ければいいのですが、生き霊を飛ばす人はだいたい性格のパターンが決まっていて、私の経験上では…

●初対面からいい人ヅラをする人
●お金で人の心を買えるとか、お金で相手を手なづけられると思っている人
●寂しがりやな人
●依存心・執着心・嫉妬・妬みが強い人
●他人の噂話ばかりする人
●疑い深い人
●独占欲・支配欲が強い人
●一途な人
●人生・人間関係・仕事で報われてない人
●親切を下心でする人

などに、よく見られます。

これからは、恋愛をするにも、生き霊レベルの視点からも同時に相手を見極める必要があると思います。

男も女も、最初はどうしても自分を良く見せようとするので見極めるのも大変かもしれませんが、最終的に相手を選ぶバトンは女性に渡される事が多いですから、特に女性の方は早い段階で色ボケなどせずに、冷静に冷静に相手を見極めて幸せな恋愛をしてもらえたらと思います。

じゃあ、無償の愛とか下心のない親切をしてくれる人って、どう見極めたらいいの?って話ですが、無償や下心のない親切ができる人たちの共通点は、とにかく

「タイミングが良い!」

これに尽きます!!

彼ら・彼女らは、遊びやデートの誘いもタイミングがいいですし、親切や手助けをしてくれるタイミングもドンピシャでグッドタイミングなんですよ。
わかる人にはわかりますよね?私が言いたい事が一体何なのかを…。

それに対し、生き霊レベルな自分本位で下心剥き出しな人って、タイミングは悪いのはもちろん、貰ってもちっとも嬉しくない物ばかりくれたり、何だか借りができてしまった気分にさせられる位気が重たくなるような親切ばかりを一方的に浴びせてきます。

だから、皆さんのその時湧き出てきた気持ちの積み重ねから判断してもらう形で、充分ジャッジできると思うんですが、その時の皆さんは必ず「冷静な気持ち」でいて下さい。

ジャッジする側の皆さんまでもが、貰ったものにたいして「しめしめ。ラッキー。」とか思っていると、相手と同じ土俵に立ってしまう事になり、正しいジャッジが不可能となってしまいます。

これがもしバブル時代ならば、しめしめラッキー♪で終わってた事ですが、今のこの時代では、このラッキーが後で命を落とす事になってしまうかもしれない訳です。

そんな訳で、これからの生き霊時代を生き抜く為にも、いらぬ霊をあれよあれよとしょい込むような憑依体質は、できるだけ改善しておきたいもの。

私たちの体の歪みは、憑依霊たちの格好のたまり場です。

表側の胴体のラインが真っすぐになるよう意識して立ち、腕と胴体は別々に、撫で肩は腕を前にすくめて肩を上げて改善し、空気清浄器でお部屋の空気をクリーンにしながら乗り切りましょう!

それでももし浮遊霊に憑かれちゃったら、お風呂でしっかり禊ぎをして、柔軟運動で憑き物を肉体から追い出す事によって、1分1秒でも早い除霊に繋がればと思います。

生き霊を抜くのは、今の私でさえまだまだ課題なんですけどね。はぁー何かいい方法はないかしら。

やっぱ、生き霊が一番厄介ですよ本当に。

« 素晴らしき憑依 | トップページ | 男の人に思う事… »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

無料ブログはココログ